TOP
Column

コラム

2022.05.25 「組織の発達段階の変遷」-『ティール組織』①


 本書では、組織の進化を段階ごとに色で表現する。

 

1.レッド(衝動型)【組織生活の最初の形態】

 自我(エゴ)の確立/恐怖による統治/マフィアやギャング

 

2.アンバー(順応型)【国家、文明、官僚制の登場】

 集団の規範がすべて/大規模な階層組織/教会や軍隊

 

3.オレンジ(達成型)【科学技術の発展と創発】

 権威や伝統への批判/効率的で複雑な階層/多国籍企業

 

4.グリーン(多元型)【多様性と平等の尊重】

 平等と多様性を重視/ボトムアップの意思決定/文化重視の組織

 

5.ティール(進化型)【変化の激しい時代へ】

 個々が意思決定/全体性を重視/目的が進化する

 

 

 ティール組織を理解する上で、人体の構造や森の生態系をイメージすると分かり易い。これらは非常に複雑なシステムであるが、管理者や支配的なヒエラルキーは存在しない。ある種の調整メカニズムが働いていて、全体がうまく機能しているのだ。グリーンまでの既存の組織管理では複雑化した課題や多様化したニーズに対応しきれていないように思う。こうした現状打破の鍵は、ティール組織に秘められていることを期待したい。

著:田埜マサキ

 

 

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP