TOP
Column

コラム

2022.04.12 「力を周囲に広げる」-『ビッグ・ポテンシャル』③


 人々がより大きな夢を持ち、より多くを学び、より多くを成し遂げ、よりよい存在になるように影響を及ぼす力を私たちの誰もが持っている。つまり、どんな立場の人であろうとリーダーシップを発揮することは可能なのだ。その際に鍵となるのが次の四つのポイントだ。

 

1.末席からリーダーシップを発揮する

 自分のリーダーシップ能力に気付き、人はどこにいても変化を起こせるということを認識する必要がある。

 

2.質の高い売り込みを開発する

 リーダーシップを取りたいという気持ちにさせる為の仕組みをつくる。

 

3.進歩をさらなる前進の燃料とする

 「進歩の跡」を示すことによって、自分たちの努力の成果が目に見えると、ポジティブなフィードバックの輪ができ、リーダーシップが強化される。

 

4.どんな場所からでも始められるリーダーシップ

 リーダーシップを発揮するかどうかは自分で選択でき、最大ポテンシャルの実現は自分からはじまる。今の立場に意味を見出すかどうかは自分自身にかかっている。

 

 

 リーダーシップという言葉を広い意味で捉えると、主体性を持って行動し、周囲にポジティブに働きかけることも含まれるようだ。私の立場でいうと、惰性に流されることなく、前向きで内容のあるコンテンツ、つまり気付きを得られる読み物としてコラムを充実させたいと思う気持ちを忘れずにいたい。         

著:田埜マサキ

 

 

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP