TOP
Column

コラム

2022.03.07 「法則1 ハピネス・アドバンテイジ」-『幸福優位7つの法則』②


 幸福感は高い方にあらゆる面において有利な状況をもたらす。とあるが、まずは幸福度が高まった状態を感じて欲しい。以下に挙げた方法から自分に適したものを選んで実践してみよう。個人的には②、③、⑥を試すことで心が和んだり癒されたりするのを実感できた。

 

●幸福エクササイズ

 ①瞑想―毎日5分間だけ呼吸に意識する。幸福度が高まり、ストレスが減り、免疫機能も改善される。

 ②何かを楽しみにする―将来の楽しみを期待すると実際にそれをする時と同程度に脳の快楽中枢が活性化する。

 ③意識して人に親切にする―“意識して”他人に利益をもたらす行為を起こすことでストレスが軽減される。

 ④ポジティブな感情が生じやすい環境を作る―ポジティブな気分が高まることで幸福度も高まる。

 ⑤運動する―快楽をもたらすエンドルフィンが放出される。気分が良くなり、仕事の能率も上がる。

 ⑥“何かをするために”お金を使う―モノを買った喜びに比べとイベント(経験)にお金を使った方が喜びは遥かに大きい。他人のためにお金を使っても幸福度は高まる。

 ⑦固有の強みを発揮する―自分の得意な分野のスキル(どんなことでも可)を使うとき幸福感が湧き出る。

著:田埜マサキ

 

 

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP