TOP
Column

コラム

2022.03.07 「幸福優位7つの法則」-『幸福優位7つの法則』①


 幸せとは「努力して成功を掴んだ先にあるモノ」と考えてはいないだろうか?本書を読むまでは、私もその一人だった。実際は、日常の小さな幸せの積み重ねが成功を「導く」というものだ。7つの法則は幸せになるきっかけを与えてくれるだろう。次回からは法則の一つ一つを詳細に読み解いていきたい。

 

法則1 ハピネス・アドバンテイジ

 幸福度を上げる行動を起こそう。例えば「深呼吸」「楽しみな予定を入れる」「運動する」「経験や贈り物にお金を使う」など。

法則2 心のレバレッジ化

 前向きな思考や言動を意識しよう。自分も幸せを感じ、他人にも良い影響を与えることが出来る。

法則3 テトリス効果

 長所やメリットに目を向けよう。周囲からポジティブなものを拾い上げれば、それに伴って自らの幸福度も高まる。

法則4 再起力

 苦しい状況に直面した時、肯定的に捉え、避けることなく真正面から見つめよう。その経験は人をより強く成長させてくれるだろう。

法則5 ゾロ・サークル

 まずは小さな目標に的を絞り、達成したら少しずつ目標を大きくしてみよう。小さな成功の積み重ねが大きな成果に繋がる。

法則6 20秒ルール

 抜け出したい習慣には20秒以上の手間を設け、身につけたい習慣には最短手順を工夫して設定しよう。

法則7 ソーシャルへの投資

 人間関係に投資しよう。信頼できる仲間に囲まれると、挫折からの回復が早く、多くを成し遂げ、より豊かな人生になるだろう。

 

著:田埜マサキ

 

 

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP