TOP
Column

コラム

2022.02.11 「第5章 ビジネス―マインドセットとリーダーシップ」-『MINDSET』⑤


 職場に於いて、周囲の人から評価を下されていると感じるか、それとも、成長を助けてもらっていると感じるか。過ちを犯したら、保身にまわるのではなくしっかり認めて上司に報告しよう。そして、部下が過ちを犯して落ち込んでいる時、上司は部下に自信を取り戻させることを意識しよう。

 

 反対意見が出にくい職場の雰囲気になっていないだろうか。そうであるならば、意思決定のプロセス全体が誤った方向に流れてしまう危険性がある。それを防ぐ為に、別の見方や建設的な批判が出てくるように工夫しよう。例えば、ある問題を別の側面から議論してみたり、投書箱を設置して、従業員に意思決定プロセスに参加してもらう等の方法がある。

 

 企業への劇的な成長をもたらした指導者たちは、しなやかな考え方を持ち、謙虚で控え目で、絶えず答えを探して問い続け、その答えがどれだけ厳しいモノであっても、直視できる人達だった。決して、我が強くて自分を売り込みたがる派手なカリスマ的人物では無かった。

 

 

 私としては、成長を助けてもらっているという感覚の方が強い。時には評価を下されていると感じる時もあるが、それはそれで良い刺激になっていると思う。忌憚のない意見が飛び交う職場なので、自分もその輪の中に入れるよう空気は読みつつ、顔色は窺わずに意見を述べることが出来るようになりたい。

著:田埜マサキ

 

 

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP